社会保険労務士の難易度!

実際に社会保険労務士の勉強をするにしても、試験の難易度がわからなければ
意味がありません。
ですので、このページで社会保険労務士の難易度を把握して下さい。

まず、社会保険労務士の合格率ですが、ここ5年で約8%です。
つまり、10人受験しても1人も合格できない計算になります。

それでいて、社会保険労務士は出題範囲が広く、全部で8科目もあります。
しかも、全科目に合格点があり、一科目でも合格点に届かなければ、
全体の点数がどんなに良くても不合格なります。
何が言いたいのかと言うと、全科目満遍なく学習しなければいけないので、
学習量が多くなるのです。

さらに、社会保険労務士の受験者は大卒が多く、最低限の基礎学力を備えています。
それだけ、受験者のレベルも高いと言えます。

つまり、社会保険労務士は難易度の高い試験と言えるのです。

しかし、合格できない試験かと言われればそんなことはありません・

社会保険労務士に不合格になる多くの人は、講義も聴かずに
テキストだけ学習しています。

しっかりとした、CDやDVD講義、テキストなどを使えば、1回でも十分に合格出来てしまいます。

多くの方は、そうしたことに使うお金をけちり、独学で勉強してしまうので、
合格できないのです。

ですから、このサイトを見てくれているあなたは、
こうした現実をしっかりと受け入れ、良い通信講座を受講するように心がけてください。

資格の勉強で重要なのは、どのような勉強をするかと言う事も重要ですが、
それよりも準備が重要です。
この準備を失敗してしまえば、あなたがどんなに勉強しても合格できない可能性が高くなります。

社会保険労務士は、まずは事前準備です。
そのことは、忘れないで下さい。