社会保険労務士の受験資格は?

実は、社会保険労務士には受験資格があります。
多分、このサイトを見てくれている方の中にも気にしている人がいると思います。

そこで、このページを使い、社会保険労務士の受験資格について、
解説したいと思います。

まずは、以下の受験資格を見て下さい。

<学歴>
・大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者など
<職歴>
・社会保険労務士に関する仕事を3年以上従事した者(複数の会社でも良い)
・社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が通算して3年以上になる者など
<資格>
・厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
詳しい資格は以下を参照下さい。
http://www.sharosi-siken.or.jp/kokkasiken.pdf

上記が社会保険労務士の受験資格で、
学歴・職歴・資格の3つの内、どれか一つでも該当すれば、
受験資格が得られます。

まず、学歴についてですが、要するに高等専門学校(5年以上)以上の学齢がある方です。
高卒では、学歴の部分では受験する事は出来ません。

次に職歴ですが、何処かの企業で、3年以上社会保険・労働保険の手続きなどの
経験したことがあるか、もしくは社会保険労務士事務所か、弁護士事務所で、
3年以上補助経験があるかということです。
これらの職歴は、1つのところじゃなくても、複数のところで、
トータル3年以上なら、問題ありません。

最後に資格ですが、これは上記から該当する資格を確認して下さい。

以上が、社会保険労務士の受験資格です。

細かく言えば、他にもまだまだあるのですが、
大体は上記の条件に該当する方は、受験資格があると思って下さい。