社会保険労務士の通信講座ランキング

第1位 通信教育専門校のフォーサイト

フォーサイトの人気の秘密は、合格率の高さもありますが、
教材の精度が圧倒的に高い事です。

特にDVDとCD講義は、通信講座専用に撮影したハイビジョン講義で、
資格専門校の学校では、フォーサイトしか採用していません。
また、テキストもフルカラーで図表され、記憶に残りやすい工夫をしています。
しかも、広告宣伝をしない分、受講料がかなり安くなっています。
多くの学校は、受講生を沢山呼び寄せるために、CMなどをバンバン流し
受講料が高くなっていることを考えれば、非常に好感が持てます。

第2位 資格の大原

大原は、カリキュラムが通信講座向きで、初級者でも勉強のしやすい環境が整えられています。
通常の資格学校は、出題範囲の全てを学習するカリキュラムを組まれていて、
挫折する可能性も高くなります。
しかし、大原は、出題範囲を絞り、試験に出題されるポイントを中心に学習していけます。
その結果、少ない学習量でも合格できるだけの力は付きます。

ただ、通信講座専門校ではないので、教室講義をそのまま撮影したり、
テキストが白黒であったり、教材の質は落ちると思います。

第3位 LEC

学習量が多くなってもしっかりと社会保険労務士を学びたければ、
LECはオススメ出来ます。
カリキュラムの内容が充実していて、細かな内容も丁寧に解説してくれます。

また、それを支えている講師陣の体制もしっかりとしていて、
学校としてのバックヤードが整えられています。

ただ、大原同様教材の質はいまいちで、
例えば、講義はハイビジョン撮影ではありませんし、テキストも白黒です。

その上で、教室を抱えている分、受講料も高くなります。

LECを受講するなら、CD講義とかではなく、通学して学習するほうが良いでしょう!
その方が、合格出来る可能性は高くなります。