社会保険労務士のCD講義を手に入れるためには?

社会保険労務士のCD講義を手に入れるためには、通信講座が必要になります。
通信講座だとCD講義以外にも、その他に必要な教材である、
DVD講義、テキスト、過去問なども自動的に用意してくれます。

しかし、通信講座といってもまちまちで、全ての通信講座が良いわけではありません。
例えば、DVD講義が付いていなかったり、受講料が高かったり、CD講義しか受講できなかったりします。

ですので、通信講座を受講することは当然として、良い通信講座を受講することも必要になるのです。
そこで、どのような社会保険労務士の通信講座が良いのか、以下にまとめてみました。

●DVD講義とCD講義が同時に受講できるところ
せっかくDVD講義とCD講義があっても、同時に受講できなければ意味がありません。
例えば、資格学校の通信講座は、CD講義やDVD講義が付いていますが、
どちらか片方しか受講できません。

●テキストはフルカラー
社会保険労務士は、短い時間で出来るだけ多くの知識を覚える事が必要になります。
そのためには、フルカラーのテキストが必要になるのです。
何故なら、フルカラーのテキストは、脳に刺激を加え、記憶効果が高くなると、
大脳整理学的に証明されているからです。

また、フルカラーだけではなく、図表化されているテキストも良いでしょう!

●E-ランニングが付いている
E-ランニングとは、パソコンで出来る学習システムのことで、
非常に効果的な学習が出来ます。
機能は、システムによってまちまちですが、
例えば、問題が解けたり、カリキュラムが管理できたり、講義が聞けたりします。
このE-ランニングがあることで、通常の学習とは違う感覚になるので、
新鮮な気持ちで学習に取り組めます。

●通信講座専門校であること
一見、資格学校の通信の方が信頼性はあるように感じますが、
実際に学習しやすいのは、通信講座専門校です。

というのも、資格学校の通信は、教室の学習をそのまま通信に応用しているだけなので、
通信には不向きな教材やカリキュラムが組まれています。
例えば、教室講義をそのまま撮影したDVD講義、白黒のテキスト、全ての出題範囲を網羅している膨大な学習量などです。
その上、教室を持っているため受講料も高くなります。

しかし、通信講座専門校は、予め通信向けに作られていて、
受講料も安くなります。

尚、具体的な学校名は、社会保険労務士の通信講座ランキングで紹介します。