社会保険労務士のCD講義以外に必要な教材

別のページで少し触れましたが、社会保険労務士に合格するためには、
CD講義だけでは対応できません。

最低でも以下の教材を用意して下さい。

1、DVD講義
2、テキスト
3、過去問
4、基礎問題集


まず、テキストや過去問、基礎問題集(テキストに付随しているものもある)といった物の必要性を今更説明するまでもありません。
重要なのは、DVD講義です。

社会保険労務士のCD講義のデメリットは、すべにご存知だと思いますが、
それを補ってくれるのがDVD講義です。

CD講義は利便性に適していますが、しっかりと学習を学ぶならDVD講義で見る映像には勝てません。

このことは社会保険労務士の勉強をしていけばわかりますが、
社会保険労務士は出題範囲が広く、学習量が非常に多くなります。
そのため、一つ一つの知識を確実に覚えていく必要があるのです。
そこで、必要になるのがDVD講義です。

DVD講義は、CD講義に比べ、学習を理解するスピードが早まり、
より長い時間記憶しておく事が出来ます。

だったら、DVD講義だけで勉強すれば良いと思うかも知れませんが、
現実はそうはいきません。

社会保険労務士は社会人が多く、1日に取れる勉強時間が限られてしまいます。
そのため、通勤時間や昼休みなどの時間を上手に使いながら、
勉強していかないと合格に必要な学習量をこなせないのです。

ですから、CD講義も必要なのです。

使い分けの方法として、まずは自宅でDVD講義を見ながら学習を理解して、
外出先では、CD講義を使って復習といったような
勉強が良いでしょう!