社会保険労務士の報酬とは?

社会保険労務士になったら、どのくらい報酬がもらえるのか、
年収をイメージしやすいように簡単に紹介してみようと思います。

まずは以下をご覧下さい。

■顧問報酬

人員

4人以下

5~9人

10~19人

20~29人

30~49人

50~69人

報酬月額

20,000

30,000

40,000

50,000

60,000

80,000

■個別報酬

項目

相談・指導

企画・立案

運用・指導

雇用管理

50,000円

500,000円

50,000円

人事管理

50,000円

1,000,000円

50,000円

教育訓練

50,000円

500,000円

50,000円

賃金管理

50,000円

1,000,000円

50,000円

労働時間管理

50,000円

1,000,000円

50,000円

安全・衛生管理

50,000円

1,000,000円

50,000円

細かく言えば、他にはまだまだありますが、
大体が上記のような報酬額になります。

尚、上記の報酬額はあくまでも目安で、
これより高い事もあれば、低い事もあります。

まず顧問報酬と言うのは、その企業で専業の社会保険労務士として仕事をしていきます。
仕事内容はまちまちですが、主な内容は、保険関係の手続きです。

この顧問報酬を得られるようなれば毎月安定した収入を確保できて、
数多くの企業の顧問になる事も可能です。

また、上記の報酬額はあくまでも最低限の仕事をした場合の額で、
企画・立案などの仕事をすれば、さらに大きな報酬を得られます。

次の個別報酬ですが、
その仕事単体で取った時の報酬です。

やはり個別報酬は、金額が高く、企画・立案になれば、
100万単位の報酬を得る事も可能です。

そして、実際にそうした報酬をもっている社会保険労務士も少なくありません。

ただ、報酬額が大きくなればなるほど、
仕事を取るのが難しく、責任感も重くなります。

ですが、社会保険労務士になれば、そのくらいの額をもらう事は
十分に可能なのです。