社会保険労務士のCD講義の必要性?

インターネット上に、どのようなテキストや問題集が良いのか質問している人がいます。
確かに社会保険労務士に合格するためには、良いテキストや問題集は必要です。

しかし、テキストや問題集以前に、社会保険労務士には、講義を聞けるCDが必要になるのです。

多くの方は、社会保険労務士の試験をCD講義も使わず、テキストと問題集だけで
勉強しようとしています。

しかし、私から言わせてもらえば、「本当に合格する気があるのか?」
と言いたくなります。

実際に社会保険労務士の勉強をして、合格したことがある方ならわかると思いますが、
非常に難易度の高い試験です。
そのため、高度の知識や仕組みを理解することが必要で、
とてもテキストだけじゃ対応できません。

現に社会保険労務士に不合格になるほとんどの人は、
テキストと問題集だけで勉強しています。

そもそもみなさんは、講義や授業も聞かず勉強した経験があるでしょうか?

例えば、大学受験を思い出して下さい。
大抵の方は、学校や塾などで、授業や講義を聞きながら、勉強していたはずです。
おそらく、まったくの独学で勉強していないと思いと思います。

もちろん、簡単な試験なら経験があるかもしれませんが、
社会保険労務士は10人受験して、1人も合格できないような難易度の高い試験です。

それを、テキストと問題集だけで勉強をしようとしているのです。
しかも、社会保険労務士を受験するほとんどの方は社会人で、現役で勉強していた頃から
かなりの時間が経ち、学習感覚も鈍っています。

そのような状態で合格できるはずがありません。

ですから、社会保険労務士に合格するためには、最低限CD講義が必要で、
それではじめて、合格するためのスタートラインに経つ事が出来るのです。

ですが、社会保険労務士には受験資格がありますので、
誰でも受験できるわけではありません。受験資格は若干複雑ですので、
社会保険労務士試験の受験資格.com
でご確認下さい。